令和2年 花畑・菜園便り (1)       2020年 4月14日 (火)
 令和2年(2020)の「花畑・菜園便り」を始めます。

今年は新型コロナウイールスの蔓延で重苦しい日々を送っているが、春になれば例年通り花は咲き鳥は歌う。
 今年の「花と野菜」の報告も昨年通り、「3月から4月の花」から始めようと思う。
 今年の冬は地球温暖化の影響か雪はほとんど降らず、春を告げる梅の開花も早かった。

[花畑]







 2月25日の早咲きの白梅は満開間近である。 淡紅色の梅も同じ日に一輪咲いたが、3月6日には満開になった。
 また後半の2枚の写真は3月6日に一輪だけ咲いたクロッカスと咲きだしたムスカリである。






水仙も咲き始めた。ムスカリやビオラ、パンジーも。
少しづつ春の気配が庭を明るくしていく。写真は水仙2景、大分大きくなったムスカリ、一面に咲くビオラ、黄色いパンジー2景である。








4月6日花海棠(カイドウ)を撮る。シバザクラもずいぶん花を付けた。赤以外に白、赤斑入りもある。
 スズランもシバザクラの前にたくさん芽を出してくる。純白の花が咲くのも間もなくだ。






 チューリップや、去年秋久し振りに蒔いたキンセンカも咲いている。写真はチューリップ3景とキンセンカ3景である。

同じく種から育てた白いルピナスやこれも種まきから始めたいろんな色のある矢車草も花が咲き始めた 。次回は花が一杯になっているだろう。


[菜園]

 野菜は昨秋から植えてあるソラマメが花をつけている。イチゴは昨秋新しい苗を植えた。昨年は殆ど収穫できなかったが、今年は期待できそうだ。写真は最初がソラマメ畑、次がソラマメの花が見えるように拡大したもの、最後がイチゴの畑である。

(写真をクリックすると大きくなります)

 (この項終り )                          top↑
 

             Home